vol.4 先に「関所」で使える通行手形お渡ししますw

 

どもーKojiです。

 

昨日の引き続きですね。すごい数の返信もらってるんで、

追いついてないですけど、時間許す限り順次返していきますね!

ちゃんと全部読ませていただいてます。

 

で、早速その一部をシェア。

 

初めまして!

前回、前々回とメルマガ、とても面白かったです!

すごーく共感出来るところがありました!

 

私も殻だらけで、ほんとの自分はこうじゃないのになーと思いながら日々生活しています。笑

ですが、それを殻と認識する、その言葉にハッとしました。

モヤモヤしていたのは、まずそれが何なのか認識出来ていなかったのか!と気づけて嬉しくなりました!

 

私の場合は、人の目を気にしてしまって思っている事を言葉にして言えない、

というのが大きな殻だと思っています。

 

例えば仕事でも、

「上司はこう言ってるけど、こっちの方がお客様は喜んでくれるんじゃないかな」って思っていても、それを言い出せない自分がいます。

友人と会話していても話を合わせてしまう事があったり。。

 

お客様に喜んでもらう、満足してもらう、

という事がしたくて選んだ仕事なのに…と思うとモヤモヤが募る一方でした。

小さな事から殻を破る練習?をしてみたいと思います!

 

お買い物する時に普段入らないようなお店に入ってみるとか、普段作らないお料理してみるとか、普段より大きな声で挨拶するとか…。笑

少しでも人生が豊かに、前に進めるよう頑張ります!

ありがとうございます!

 

kojiさんこんにちは!

今回の話もとてもおもしろかったです!

要は自分の違和感や気持ちに素直になって、問題を認識するってことですよね!

だとすればその問題を口に出すこと、アウトプットすることも大切なのでしょうか。

 

そういえば、悩みをかかえている時、人に話そうとすると急に解決策を思いついた、という経験は何度かあります!

自分は1人でじゃあどうすれば解決できるのか?を問うて考えることが多いので、人に話すこともしてみようかなと思います!

 

これいい気づきっすよね!

人間はアウトプットしてる時に頭の中整理されますからね、

だから、人に話すのももちろん、紙に書き出すのも悩みを解決するめちゃめちゃ有効なツールなんすね!

 

 

はい、じゃあ前回の復習を軽くして今日の本題へ。

 

 

 

「殻」を破っていくためにまずは、

  1. 殻にぶち当たった時に、「あっ!これ俺の殻やわ!」としっかりと認識すること。
  2. どんなに小さな殻でもいいので「えいっ」とぶっ壊してみる。
  3. 殻を壊せた自分を認識し、褒めること。

 

これを繰り返していくことが少しずつ自分のコンフォートゾーンを広げることに繋がり、

「これは殻である。という認識をし、ぶち壊し、自分を褒める」

というこの一連の流れを「体感として」落とし込むことで、

今まで勇気を伴わないとできなかった行動が、悩みが全く悩みですらなくなり、負担ですらなくなってくる。

 

それを繰り返していくことがすなわち、

「人生を変えるようなどでかい自分の「殻」をぶち壊せるようになれることやで。」

ってことでしたよね。

 

 

 

殻を認識して壊して褒めるって、

言葉にしてみりゃ簡単なんですけど、

ちゃんとこういうことを体系立てて認識して行動にまで移していく。

ってのはお世辞にも決して簡単じゃないわけですね。

 

 

で、頑張って殻を認識して、ぶち壊していって、ちゃんと自分の成長を噛み締めながら、

評価しながら、でもまだここで油断して欲しくなくて。

 

 

先に実はまだ関所があるんですw

 

「いや、まだあんのかい!」って

ほんま嫌になりますよねw

 

でも大丈夫。

ちゃんと理解できれば大丈夫。

 

なので、みんな必ずぶち当たるであろう「関所」の通行手形を先に渡しておきますw

顔パスしてくださいw

 

その難関、関所とは、

「自分が勇気振り絞って一歩踏み出そうとした時に、ほぼほぼ周りの人間はそれを止めてくる。」

っていう現象。

 

 

  • 会社を辞めてみようとした時
  • 起業してみようとした時
  • 転職しようとした時
  • 海外移住してみようと思った時

 

など、人生のスイッチが切り替わるような「分厚めの殻」を破ろうとした時、

ほぼ必ずと言っていいほど、これは起こります。

 

で、結局そのひとたちの意見に引き戻されて、またいつものループ人生に戻る。

 

親、友人、同僚、特に近しい人からはより強い引力で引き戻しオファーがかかります。

 

 

これ、死ぬほどあります。

どれだけそういう人を見てきたか。

 

で、これがなんで起こるのか?っていうメカニズムが人間の脳にあるんすね。

 

 

「ホメオスタシス」

 

脳機能を少し勉強したことがあれば聞いたことがある単語かと思うんですけど、

日本語訳は「恒常性」。

 

これ文字通り、常に一定の状態を保とうとする機能のことなんですね。

 

僕らが運動して汗かくのはこのホメオスタシスが働いてるわけです。

 

汗を出して一定の体温に保つために体温調整してくれるんです。

寒い時に鳥肌が立ったり、ガタガタ震えてくるのも同じで、

体内の熱を外に逃さないため体温を一定に保とうとする機能。

 

で、こいつはめちゃめちゃ優秀で、あらゆるところに働きます。

理解深めるためにいろんな例を見ていきましょか!

 

 

  • 普段別に気にならないのに、頑張って部屋掃除した後、小さな埃があっただけでなんかめっちゃいや。
  • ある日突然転校生がクラスに入ってきて、その子だけがういてる感じがする。
  • ヤンキーのグループとつるんでたらヤンキーになる。
  • レベルの高い人たちと一緒にいると自分のレベルも上がる。
  • これから日記つける!と決めても3日坊主で終わってしまう。

 

 

こうやっていろんな例を見れば、

なんとなく僕が伝えようとしてることがわかってもらえると思うんですけど、

 

ホメオスタシスってのは「人」にも「場」にもあらゆるところに働くんですね。

一つずつ見ていきます。

 

 

①普段別に気にならないのに、頑張って部屋掃除した後、小さな埃があっただけでなんかめっちゃいや。


綺麗な部屋が「デフォルト」になってるため、小さな埃だけでも脳は「異物」だと判断し除外したくなる。

「部屋が綺麗である」っていう一定を保とうとするんですね。

 

で、普段から汚い部屋の人はすぐまた汚い部屋に引き戻される。w

「綺麗な部屋」自体が異物なわけですからね。

②ある日突然転校生がクラスに入ってきて、その子だけがういてる感じがする。


これも同じですよね。

普段から慣れ親しみのない人(物)がその場に放り込まれたら、

脳は「異物」と判断し、周りは除外しようとするか、もしくは同じ色に染めようとする。

③ ヤンキーとつるんでたらヤンキーになる。


親の言うことは間違ってなかったんすねw

場を一定に保とうとする作用が働き、

ヤンキーじゃない人もそのグループに入れば、ヤンキーでないことに違和感を覚えるようになります。

④レベルの高い人たちと一緒にいると自分のレベルも上がる。


周りのレベルが高いわけですから、

レベルの低い自分が「異物」になる。

「俺、場違いかも、、、」ってやつです。

⑤これから日記つける!と決めても3日坊主で終わってしまう。


日記つけてない自分が「デフォルト」ですから。

そんな奴が3日も続けて日記かいてたら、脳からしたら異常事態発生なわけですね。

恒常性を維持するために「直ちに3日で日記やめろ!」という指令を出すんですね。

 

 

なんか雑に説明したんですけどw

なんとなくウンウンと納得してくれてる人もいるんじゃないかなと思います。

 

じゃ、これを踏まえて本題に戻ります。

 

 

 

「自分が勇気振り絞って一歩踏み出そうとした時にほぼほぼ周りの人間はそれを止めてくる。」

 

「なんで?」

 

そう。

その通り!

ホメオスタシスが強力に強烈に働くんすね。

 

今まで仲間やと思ってた人が急になんか会社辞めるとか、ニューヨーク行くとか、言ってると。

異常事態発生!恒常性を保て!村に平和を!

みんなと違う行動する奴は「異物」だ!

なわけです。

 

で人間の脳ってのは大きく分けて、

潜在意識(無意識)と顕在意識(意識)に分けられて、このホメオスタシスは潜在意識(無意識)が司ってる。

 

だからコントロールできないんすよ。勝手に働くから。

 

もし顕在意識がホメオスタシスを操ってたら、

「やっべ!汗かくん忘れてた!!」みたいなことなりますからw

死にますよねw

 

 

だからこうしてホメオスタシスのことを語ってる僕にももちろん働いてて、

ぼやっとしてたら友達に

「おい、会社やめるとかお前やめとけって!リスクマネージメント能力ゼロかよ!」

とか言ってるかもしれないんすねw

 

 

だから今日ちゃんとしっかり伝えたいことは、

「何か大きな殻を破ろうとした時に、周りに引き止められるのはホメオスタシスやと認識すること。」

がめっちゃ重要。認識すること。

 

ちゃんと知ってたらうまく無視できるんでw

 

で、正直これちゃんと理解してても実際この立場になると引き戻される可能性かなり高いです。

だって自分にもホメオスタシスは強烈に働いて、なおかつコントロールできないから。

 

だから対策まで、ちゃんと話しておきたくて。

 

 

人をしっかりと選んで、絶対応援してくれそうな人にだけ自分の覚悟を話す。

 

これシンプルですけど、かなり効果高いです。自分の体で実践済みです。

 

 

もう一つ、

そういう協力、応援してくれそうな人に「俺は年収1億円稼ぐ」とか、

自分の目標を宣言しまくって、

周りから「こいつは年収1億円稼ぐ奴」だ。と思われること。

 

これホメオスタシスを「うまく利用してるパターン」で、

周りに宣言しまくることによって

「こいつは1億稼ぐキャラ」と「思われてる場」を作る。

 

逆に俺が年1億稼いでないと「異物」みたいな力が作用するんで、邪魔されるどころか目標に近づくんですね。

 

周りに「そう思われるてる」って重要なんです。

=ホメオスタシスによってそれが自分を作る大きな要素になるってことなんです。

 

 

サッカーの本田圭祐とかビッグマウスで有名ですけど、

「自分はすごいことをする」と宣言することによって、

「自分はすごいことができる人間だ」と周りが見てくれる場を自分から作ってますよね。

 

 

あれ実は目標達成するときも、でかい「殻」ぶち壊すときも死ぬほど重要なんです。

 

 

僕がなんで毎回メルマガの最後で「雑でもいいんで適当に返信してくださいねー」って言ってるかと言うと、

「人生を前に進めようと、自己と人生を一致させて、生き方、在り方、働き方のステージの高みを目指すやつら」

が集まって、

積極的に参加すればそれは「死ぬほどエネルギーの高い場」になって強烈にめちゃくちゃいいホメオスタシスが働くからなんすね。

 

 

これ参加者全員の目標達成率が上がるんです。

自分だけじゃない全員がいい影響を受ける。

 

で、そんな「場」にコミットすればするだけ自分にも大きなエネルギーが返って来ます。

(これはまたの機会に話します。実はお金の本質と全く同じ原理なのです)

 

 

「恒常性」は潜在意識の下で働く、コントロールできないものだからこそ、

その性質をちゃんと理解し、認識し、うまく「使いこなす」ことでめちゃめちゃ使えるツールになるで!

 

だからこそ、

多くの人がつまずいてしまう「周りに反対される」という、

ホメオスタシスの機能を認識すれば、

分厚い自分の「殻」を破ろうとした時に、その障壁が障壁ではなくなるだけでなく

うまく使いこなすことによってより早く人生を進められるで!

 

 

ということでした!

 

ちゃんと理解してもらうために、ちょい長めになってしまいましたが、

ここを「なんか知らんけどめちゃくちゃ面白いやつが集まってる場」として

ぜひうまくホメオスタシスを利用して参加してください。

 

では意見、感想、質問、疑問、「こういうことしていきたい」などの宣言、雑談w

なんでも結構なのでぜひアウトプットしてみてください。

 

いい感じお便りはメルマガ内で共有しますね!

直接Lineからでも

こちらのメールからでも使いやすい方でおkす!

info@papas01.com

 

もしも全体共有されなかったとしても、必ず全部読むようにしていますし、その人の悩みの解決になるような言葉をその人だけに向けて1文付け加えたりしていきます!

 

なので、自分の事例に当てはめるように読み進めてもらえれば、必ず「ハッ!」と大切なことに気づく瞬間があるはずです!

では次回に続きます!

お楽しみに!

 

Koji

 

 

PS 自分のこと心配してくれて「危ないよーやめなってー」って引き止めてくれる女子に、「ったくお前ホメオスタシス働いてるぞっ」とか言うと瞬殺で嫌われるんでご注意ください。


【先輩、人生進んでます?】

◆ご意見、ご感想: info@papas01.com
ブログはこちら
先輩人生ラジオ

本メールの著作権はKojiにあります。文章の引用、他メディアへの掲載を一切禁じます。当メールによって生じた損害についての責任は一切負いません。