vol.28 Q&Aのコーナー

 

どうも、Kojiです。

 

先日から始まりました「情報発信ビジネスオンラインスクール」

予想してた以上にたくさんの方から反応を頂いてて、

今順次一人ずつ返信させてもらってますので、

まだの人はしばしお待ちくださいw

 

 

 

はい、では今日は

そんな中でスクールについて似たような質問をいくつか頂いたので

代表していくつかまとめて回答して、シェアしていきますので、

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 


 

 

Q. >社会人で土日祝日しか時間が取れませんが、モニターに募集しても大丈夫でしょうか?

 

A. はい、もちろん大丈夫ですよ。オープニングメンバーの条件は

「 やる気があって協力的な人にガッツリとコミットしてもらい

コンテンツを作成するためのフィードバックをお手伝いしてもらう」

ということのみです。

 

スピード感も大事にしつつ、じっくり腰据えて進めていきましょう!

 

 

Q. >募集自体はいつまでですか?期間が半年とあったので、時間が取れる期間を選びたいのですが、、。

 

A. モニター募集は発表日より5日間です。一般募集はその後タイミングを見計らって
始めていきます。

「休みが取れるのでこの期間で集中して取り組みたい!」

などの希望がありましたらぜひ個別に連絡をいただければ、対応いたします。

 

 

Q. >ブログなどを立ち上げる場合、ハンドルネームや偽名でも大丈夫ですか?

 

A. 偽名やハンドルネームでも大丈夫ですよ。

僕自身も昔はハンドルネームを使っていました。

Kojiも本名ではありますが、

ハンドルネームのようなものですよねw

 

 

Q. >後日、追加料金はありますか?

 

A. 追加料金などは一切ありません。

メンバーサイトの中で実際僕が勉強した際のオススメの教材や、

僕がいいと思った本なんかは紹介したいと思っていますが、

読んでみたいなーと思えば各自購入してもらうというスタイルでお送りしようと思います。

 

 

Q. >定期的(最低でも月に1度以上)な相談やディレクションはKojiさんとできますか?

 

A. はい、もちろんです。オープニングメンバーには

「今こういう気持ちだとか」「謎に手が止まってしまっている」とか

細かくフィードバックしてもらえたらと思っています。

 

絶対に同じ段階で、同じ気持ちで悩んでいる人が出てくるので、

質問者さんの問題を一緒に解決していくこと、

そのフィードバックを僕がコミュニティに投げ込むこと、

それが後に続く人たちの大きな助けになりますので。

悩みのシェアは人助けです。大歓迎ですよ!

 

 

Q. >ある程度の年齢になったら、情報発信はもう手遅れというか難しいと聞くことがよくあり、前から悩むとうか、少し躊躇しておりました。

 

A.情報発信に年齢は関係ないですよ!w

例えば45歳男性の気持ちは同じ世代の男性が一番わかりますよね。

だって似たような経験をしてるし、同じような問題を抱えてるからですよね。

主婦の問題は主婦が一番理解できるだろうし、社長の問題は社長が一番わかります。

 

僕らはそれぞれ誰に向かって情報を発信するか、ターゲットが違うんですね!

ってことは「ある程度の年齢の人にとって情報発信が難しい」という世間一般の共通認識があるならば逆にライバルいないですよねw

その世代に向けての情報発信はブルーオーシャンです。

 

僕なら「死ぬほどチャンス到来!!」って思いますw

 

 

Q. 何かの特別な専門知識がないのですが、情報発信できますか?

 

A. できます。これはブログ、メルマガ、レターの中でも話してますが

「人よりもちょっと好き」とか「人よりもちょっと得意」なことは誰にでもあります。

 

それに自分なりの付加価値をプラスしていくことでそれがその人ならではの「個性」になり、「魅力」になります。

 

例えば僕が普通に「インターネットビジネス教えます」って言ってても

誰も僕の発信に耳傾けないですよねw

 

スクールではこの「自分が持つ付加価値」の部分を一番初めに一緒に見つけ出していくことになります。

 

 

Q. 決済の件で、現在学生でクレジットカードがないのですが、銀行振込でなおかつ分割払いなどは対応頂けますでしょうか?

 

A. 個別で対応しますので、一度ご連絡いただければと思います。

 

 

Q. 5日間ほど旅にでていたのでまだ読めてない部分がありますが、旅の最終目的地はこの決断にあるのかな?という感じでここまできました。

 

ただ受講に関して不安なことがあるのですが、現在もうすぐ4歳と、1歳半の子の育児真っ只中です。上のお姉ちゃんは保育園に行っているのですが、下の子は家で私が見ています。取れる時間は昼寝の最中、そして夜の9時以降です。

4月から通信で学校にも通っているためそちらのレポート等もあります。

 

気持ちは新たな世界を切り開いてみたい!

 

なのですが、もう少し時期を見極めた方がいいのでしょうか。

自分で決めなければいけないのでしょうが。

どのくらいの労力とスキルがいるのか漠然としてわからないのでお教えいただきたく思いますm(_ _)m

 

 

A. 小さいお子さんがいる場合は他の人よりももっと時間配分、や日々の行動、

自分のエネルギーに対して効率よく合理化していく必要ありますよね!

 

 

ちょっと遠回りになるかもですがw きっと参考になると思うので、

2つほど前提の話をしたいんですけど、

人生において結局物事は

全て「潜在的に思っている優先順位によって決まる」んですね!

 

人は優先順位の高いところから順に自分のエネルギーを注いでいくので、

当たり前ですが優先順位が低ければその物事は達成できないんすよね。

 

これが一つ目。

 

 

もう一つが、

 

有名な「7つの習慣」という本にも書いてあることで、

また違った角度からの優先順位の話。

 

これをちょっとざっくりですけど話しますね!

 

 

まず優先順位を4つに分類して、

  1.  緊急度が高いけど、重要じゃないこと
  2. 緊急度が低いけど、重要なこと
  3. 緊急度が高くて、重要なこと
  4. 緊急度が低くて、重要じゃないこと

 

人間の行動をこうやって4つに分類したんですね!


1 緊急度が高いけど、重要じゃないこと

 

これは人生において大切じゃないけど、すぐやらなきゃいけないこと

 

例えば、

  • 子供が帰ってくるまでに洗濯物を片付けるとか、
  • 今日の夕方までに回覧板を回すとか、(まだ回覧板ってあるんすかね?w)
  • 晩御飯までに洗い物をするとか、、、

2 緊急度が低いけど、重要なこと

 

これは大切だけど、別に今日あしたすぐやらなくても困らないこと。

 

例えば、

  • 将来のための勉強をすること、
  • 投資を始めることとか、
  • 大切な人のために時間を使うとか、

3 緊急度が高くて、重要なこと

 

これは今すぐやらなくちゃいけないし、重要でもあること

 

例えば、

  • 会社の重要な締め切りのある書類を提出すること
  • 子供が病気になって病院へ連れて行くこと、
  • 強盗が入って、すぐに警察に届け出ないといけない、、

4.緊急度が低くて、重要じゃないこと

 

例えば

  • 友達とのただの飲み会とか
  • だらだらyoutube見ることとか
  • 一日中ゲームしてるとか

 

 

こうやって普段どこにエネルギーを使っているかを、

この4つに当てはめたときに、

 

「1 緊急度が高いけど、重要じゃないこと」にたくさんエネルギー使ってる人と

「2 緊急度が低いけど、重要なこと」にたくさんエネルギー使ってる人とでは

 

すぐわかると思うんですけど、

確実に未来が変わってきますよね!

 

 

で、言うまでもなく、

この「2 緊急度が低いけど、重要なこと」を意識できているかどうか、

ここに最もエネルギーをさけてるかどうかが最も大切なことなんすね!

 

 

緊急度が高いものは勝手にほっておいてもやるし、

緊急度低くて、重要じゃないものに時間使ってるのはまぁもう今は言わないでおくんですけどw(たまにはいいけどねw)

 

 

で、こうやって見た時に、

きっと今このタイミングで一緒に人生に切り開いていこや!

そんな勉強おもろくしていこや!

 

 

っていうのは

「2 緊急度が低いけど、重要なこと」に当たると思うんすよね!

 

 

で、ここに対して、

一番初めに話した、自分の「優先度」。

 

どれぐらいwant toなのか?

が自分で理解できていれば、

 

 

 

ご質問にあった
>どのくらいの労力とスキルがいるのか

は一切関係ないんですよね!

もうこれは言い切るんですけどw

 

 

「自分の中で優先順位がはっきりすれば、無意識に労力を使えるだろうし、次第にスキルは高まるから」

なんですね!

きっと期待されていた回答ではない回答だと思うんですが

でもこれが本質です。

 

で、またちょっと分量多いですがw

 

 

これなんとなく想像つくと思うんですけど、

きっと緊急でない分、僕たち人間は自分の優先順位を意識せず、

ほっておいたらいつまでもやらないんすよねw

 

 

これが「緊急」になるチャンスは一生ないからですw

 

 

 

優先順位の序列の話と、

緊急度、重要度の話

参考にしてみてください。

 


 

はい、ってことでちゃんと説明しだすとすぐ長くなるんですがw

 

 

比較的いくつか似たような質問を頂いてたものだけピックアップして、

そのほかの悩みにも当てはまるような形で、お答えしました!

 

 

募集期間は残り3日。

 

 

「同じようなこと疑問に思ってた!」

という方も他にいらっしゃると思うので、

これでクリアにしてもらえたかなぁと思います。

 

 

僕も以前20万円ぐらいする塾に入った経験があります。

 

あのー表現が死ぬほど悪くて申し訳ないんですがw

今これしか浮かばないのでご勘弁頂きたいんですが、

 

何か大きく行動を起こす時、

こういう瞬間って「うんこきばってるとき」と同じなんですねw

 

 

例え最悪ですが真面目に言ってます。

 

力が必要なのはこの一瞬で。

あとは転がっていくものです。

 

そこでしっかりと力入れられるか。

エイっと!いける人間か、いけない人間か。

 

 

僕らは本当にそれだけの違いなんです。

その大切さに比べれば元々の能力なんか大した問題じゃなくて。

 

 

僕はその20万の塾に入った時、本当に勇気がいったし、

清水の舞台から飛び降りるような気持ちでした。

その時超貧乏だったし。

 

 

でも僕の人生はいつも「エイっ」という瞬間を乗り越えることで発展してきた。

人生進んできた。

 

 

そして、その20万をドブに捨てないために一生懸命勉強したし、

一生懸命に取り組みました。

 

めんどくさい作業も、

大変なことも、

乗り越えないといけない壁、

破らないといけない殻もたくさんあったんですが、

それが今全て僕の財産になってます。

 

 

だから力強く僕はそんな人たちに、

「うん!それ絶対いけるで!」

の一言が言えるようになりました。

 

 

汚い例えのせいで、

しっかりと背中押せたかわかりませんがw

 

それを踏まえた上で、

今がきばりどきです。

 

 

そして、

「うん!それ絶対いけるで!!」

です。

 

今日も応援しています!

 


【情報発信ビジネスオンラインスクール】

 

音声まだ聴けてない方はぜひレターの前にこちらを先にどうぞ。
レターはこの音声の続きの内容になります。

【メルマガ読者限定超絶音声】
「人生、生き方、意識、働き方のステージの話」

保護中: 【メルマガ読者限定超絶音声】「人生、生き方、意識、働き方のステージの話」

2017年5月4日

読者限定公開なのでパスワードを入力して閲覧してください。
Pass: newyork

 


【先輩、人生進んでます?】

◆ご意見、ご感想: info@papas01.com
ブログはこちら
先輩人生ラジオ

本メールの著作権はKojiにあります。

文章の引用、他メディアへの掲載を一切禁じます。当メールによって生じた損害についての責任は一切負いません。